空撮について

空撮風景

空中写真を撮影する空撮は、UAV(無人航空機・通称ドローン)を使用して行います。

急流河川や崖地など人が立ち入ることができない環境の状況撮影や、現存植生図を作成する際の予備判読で使用する空中写真の撮影に使用されます。また、空中写真はオルソ補正や幾何補正することによって、GIS上で利用することが可能になります。

なお、万一に備え、業務用空撮賠償責任保険(対人対物賠償1億円)に加入しています。

自然環境調査